母の死に思う特養老人ホームの必要性

怒濤の選挙が終わり、1月7日に私の母が79歳で亡くなりました。虚血性心不全の突然死でした。認知症で風邪を引いて弱っていたのと、年末からお正月にかけてショートステイに預けていたので、ストレスが要因になったのかもしれません。

1月の5日の土曜日に実家の母に会いに行き、そのときは母は風邪をひいていたのですが次の日に仕事があったため、帰ってしまいました。日曜日は病院がやっていないので、様子を見て月曜日に病院に連れて行こうと思っていました。月曜日の朝、実家の兄から連絡があり、朝食を食べてデイサービスの迎えが来るまで、ベッドで寝させていて、その間兄が洗濯物を干していて、デイサービスが迎えに来たので起こしに行ったら息をしていなかったそうです。

これまで母は実家で欝病のため働けない兄が一人で母の面倒を見ていました。認知症が進んでも要介護2なので特養には入れません。そんな状態にも関わらず、兄に母を任せきりで選挙でバタバタしていた私はろくに会いに行くことさえ出来ませんでした。

「もっと早く病院に連れていっていれば」「無理にでも仕事を休んで看病していれば」と何度も思いました。一昨年に父が認知症で要介護5なのに特養に入れないまま亡くなり、昨年の7月に104歳の祖母を老衰で亡くしたばかりでした。母はあと10年は生きていてくれると思っていました。これから親孝行をしようと思っていた矢先でした。これまで親孝行もできなかったせめてもの償いに母の棺には「これまでありがとう」という意味で花束の中にカーネーションを入れました。

3人を相次いで亡くし、後悔するのは仕事にかまけてあまり会いにいけていなかったことです。夫からは「お前は仕事にかまけて家庭を省みない昭和のオッサンと同じだ」とよく言われます。休みたくても休めない事情もあり、体力的にも精神的にもつらいのですが、もし自分が過労やストレスで突然死にでもなれば残された家族は困るだろうと思います。家族を犠牲にする働き方を反省するとともに、わが家のように認知症の介護で苦しむ方のためにも公約に掲げた特養老人ホームの必要性を切に感じました。私のつらい経験を市政に生かしていきたいです。

母の遺影
広告

ひばりが丘中学校の竣工式に出席

1月19日は午後からひばりが丘中学校の校舎竣工式典に来賓として出席しました。
ひばりが丘中学の新校舎は2年間、中原小学校の子が使い、その間に中原小学校を建て直して、中原小学校の新校舎が出来たらその後にひばりが丘中学の中学生が使うことになります。
新校舎は教室の廊下側の壁がガラス張りになっていて、廊下から教室が見えます。良くも悪くも廊下から教室が丸見えです。
校庭はまだ整備中ですが、窓から見た景色は学校の周りにマンションが多く、都会の学校という雰囲気です。
新しい校舎で環境もガラッと変わりますが子どもたちが元気に楽しく通えるよう願います。

#西東京市 #ひばりが丘中学校


体育館も天窓や壁がガラスになっていて、とても明るい造りになっています。

図書室も明るく、棚が低くて本を手に取りやすくなっています。

渡り廊下もショッピングモールのようです。

子ども食堂でチキンカレーを作りました

1月19日は田無公民館の子ども食堂「わいわいクッキング」に久しぶりに参加しました。メニューはチキンカレーと中華サラダ、フルーツヨーグルト、ゆず茶です。
子どもは学級閉鎖の影響か7人と少なかったのですが、とてもしっかりした子たちばかりで包丁の使い方も上手でした。
チキンカレーも中華サラダもとてもおいしくできました。
みんなで作って食べる食事はやっぱりいいですね。
#西東京市#子ども食

ついに西東京市で猫の日のイベントが開催予定

西東京市でついに猫のイベントが開催されます。

2月22日(金)の猫の日に西東京市地域猫の会主催の「にしねこフェスティバル」がエコプラザで開催されます。時間は12時から15時まで。

この画像には alt 属性が指定されていません

当日は里親譲渡会の他にも「うちの愛猫自慢フォトコンテスト」が開催されます。

当日来場した応募者には応募の写真を缶バッチにしてプレゼントします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 50512690_313472519274821_3297952511532466176_n-フォト.jpg

他にも猫検定(クイズ)やぬりえ、猫のふれあいコーナー、地域猫の活動PRなども予定されています。

私もスタッフとして参加します。

千代田区のねこまつりのような物品販売などはできませんが、将来的な課題にしたいです。

平日ではありますが、沢山の方のご来場お待ちしています。

出初め式に出席しました。

昨日は西東京市消防団の出初め式に出席しました。
西東京市の消防団員の方は225名。いざ地元で火事などがあれば昼夜訪わず駆け付けてくれます。
普段は別の仕事を持ちながら、日頃からの消防訓練や、火事などでの出動は本当に大変で危険を伴う仕事です。
消防団員の方々やそのご家族に深く感謝をいたします。

p_20190113_105459_vhdr_auto

p_20190113_102344_vhdr_auto_hp

【お知らせ】ブログを引っ越します

西東京市議会議員選挙が目前です(16日告示、23日投票)。

多くの市民の皆さんが、ホームページやSNSを見に来てくださると思います。

ブログとあわせて、大竹あつ子のプロフィールや政策などを一覧できるよう、公式サイトを立ち上げました。

今後はブログもそちらで更新していきます。

URLは下記です。

http://www2.jcp-tokyo.net/ootake/

引き続き、よろしくお願いします。

 

 

公園で宣伝していたら…

昨日は西東京市内の公園で宣伝をしました。
公園で遊んでいた子どもたちが寄ってきてくれて演説を最後まで聴いてくれました。
私が国保の値上げに対して「こんな冷たい市でよいのでしょうか?」というと「良くなーい」。「がん検診も有料化の計画があります」というと「ひどーい」と声を合わせて言ってくれました。やっぱり子どもでも、有料化や値上げはひどいってわかるのですね。
公園にいて一緒に聞いていてくれた親子連れのお父さんも私が障がい者のグループホームについて議会で取り上げていたことを知っていてくれたそうです。
他にも「大竹さんには世話になったから周りの人に支持を広める」と声をかけてくださる方もいました。
議員として当たり前のことをしただけですが、議会や相談で頑張ってきたことを感謝してもらえて、とてもうれしかったです。

48365540_1170968156388349_4322832987981873152_n48377530_1170968759721622_828702098538364928_n

街で見かけたら気軽に声をかけてください

昨日の街頭演説の様子をアナウンサーの真生さんがアップしてくれました。

声をかけてくださったり、手を振ってくださる方がいると本当にうれしくて励まされます。

皆さん、街で見かけたら気軽に声をかけてくださいね。

47687348_1980769408703129_7357495414334947328_n47683444_1980769402036463_2688945192844656640_n48086096_1980769438703126_702440879058583552_n

西東京市の大竹あつ子市議、二期目を目指してがんばっています❣️

お話ししていると、街の人たちが話しかけてきてくれます。

ある男性は自転車で通り過ぎたのに戻ってきて相談したいと、声を掛けてくれました。

市民に寄り添って頑張っている大竹さんだからですよね。こらからも、市民のために働いてもらいたいです💕

選挙事務所、お手伝い募集中です!

いよいよ西東京市議選告示まで1週間を切りました。
大竹あつ子の選挙事務所は猫の手も借りたい状況です。
新しい全戸配布のビラも出来ました。
ビラ撒きやビラ折りなどを手伝って下さる方を募集しています。
私の事務所は西東京市泉町4-3-5です。
マルエツ保谷住吉店の真向かいです。
お手伝いして下さる方はメッセージでご連絡ください。
事務所にもお気軽にお立ち寄りください。
お手伝いお待ちしています。

47684855_1167992756685889_326178589760290816_n47580009_1167993136685851_1582326596784619520_n48016052_1167993366685828_1375941688656134144_n

12月8日の街頭演説で訴えたこと

12月8日、田無駅で小池晃参議院議員が来てくださり、街頭演説を行いました。
たくさんの人が聴きに来てくださいました。
小池さんは朝、4時に改正入管法が成立し、あまり眠る時間もなかったのに、応援に駆け付けてくれました。こんな中身のない法案を通した自民党、公明党の気が知れません。

私は立候補の決意を訴えました。以下私の話した内容です。

 今月23日の市議選で2期目に挑戦します日本共産党市議会議員の大竹あつ子です。私には高校2年生の息子がいます。そして実家に認知症の母がいます。父は一昨年、要介護5なのに、特養に入れないままなくなりました。認知症のつらさ、特養老人ホームに入れない大変さを身を持って実感しました。

 そんな経験をした私だからこそ、この4年間「子ども・高齢者・障がい者にやさしいまちへ」をスローガンに、一貫して弱い立場の方の思いを市議会に届けて参りました。繰り返し、粘り強く訴える中で政治は変えられるということを実感しました。

 しかし、まだまだ実現できていないのが特養老人ホームの増設です。西東京市の特養老人ホームの待機者は1200人近くいるんです。介護の問題も含め、切実な市民の願いを議会に届ける仕事をこの私、大竹あつ子にやらせてください。引き続きのご支援、ご協力、どうぞよろしくお願いします。

 私のこの4年間の活動で一番の実績と言えるのは就学援助の入学準備金の入学前支給の実現です。就学援助とは小中学校の一定の所得以下のご家庭に、給食費や学用品費などが支給される制度です。これには制服代などに使う入学準備金が小学1年生生4万600円、中学1年生4万7千400円が支給されます。

 しかし、この制度、入学準備金という名前にも関わらず、これまで支給されるのは入学後の7月以降となっていました。
中学生はとくに制服代等が7~8万円もかかります。必要な時期に支給されないのであればシングル家庭や兄弟の多いご家庭などは工面するのが大変です。

 私は議員になってから、毎議会のようにこの入学準備金の入学前支給を訴えてきました。市はなかなか重い腰を上げませんでしたが、あきらめずに粘り強く訴えた回数は12回。その甲斐あってようやく今年度からそれが実現し、来年度の入学者には入学前に支給されることになりました。市民の願い、思いで政治は変えることができるんです。

 私が議会活動を行う上で一番の原動力は「怒り」なんです。
私は理不尽なこと、おかしいことが許せない性格なのです。入学準備金なのに、入学前にもらえないのはおかしい、要介護5なのに特養に入れないのはおかしい、同性愛者が結婚できないのはおかしい、ご飯を食べられない子がいるのはおかしいという、なんでこんな当たり前のことが出来ないんだ。これを当たり前にしていかなくてはいけないという思いが私の原動力となっています。

 2期目、必ず勝利して、当たり前の市民のための政治の実現に全力で頑張ります。

#西東京市 #西東京市議選

 

48382770_1167002346784930_2078108037700124672_n