日本の避妊方法の現状について学びました

8月18日はと~ってもこの現状をなんとかしたいと思う講演を聴いてきました。
タイトルは「現状を変えるために必要な3つのこと」という日本の避妊方法についての現状を学ぶものでした。
講師の福田和子さんはICU在学中にスウェーデンに留学し、日本の避妊方法の現状が世界で30年遅れている現状を目の当たりにし、卒論のテーマにして#なんでないのプロジェクトを立ち上げた方です。

皆さん、日本で認可されている避妊方法はいくつあるかわかりますか?
日本ではコンドーム、ピル、IUDという3種類しかなく、私も他に何があるのか知りませんでした。
しかし、今は避妊注射、避妊インプラント、避妊リング、避妊シール、ダイアフラムといったものまであって海外では認可されているそうです。
避妊シールは肩やおなかなど見えないところに貼るだけで1~3週間効き目があり、避妊率は91%だそうです。91%の効果といってもコンドームと同程度の効果です。

日本では1日に460人中絶されていて、妊娠した人の6人に1人が中絶されているというのに、これらの避妊方法は認可されておらず、低用量ピルの認可にも39年もかかったそうです。
バイアグラは6ヶ月という異例の早さで認可されたのに、ピルは39年もかかったのには、ピルを解禁すると女性が性に奔放になる、女性が上位になる、性感染症の危機などという偏見からくるものが背景にあったとのこと。
このことは「日本男性はピルで自分の体を自分で守るという明確な意思を持つ人を求めるより、全てを男性に任せる女性を好む」と世界でも非難されたそうです。

低容量ピルが認可される前は中容量のピルで避妊をする人よりも中絶する人の数の方が多かったという脅威の事実!

日本がこれらの便利で負担の少なく、効果も高い避妊方法が認可されないのは、ピルがまだ普及されているとは言えないことと(言い訳です)、ニーズがないから製薬会社も製造を認可させようとしていないのだとか。

ニーズがないよりも、まずこんな情報さえも知らされていないという現状です。
福田さんは「選択肢があっても、高い、あるいは認可されていないから使えないでは、知らない方が良いくらい残酷なこと」と述べていました。
福田さんが留学したスウェーデンでは若い人には無料で診察してもらえ、無料で避妊具をもらえるそうです。

避妊は若い人だけの問題ではなく、結婚している人だって必要なもので、避妊に失敗したら傷つくのは自分の奥さんや娘や恋人です。男性にも無関係ではありません。
しかも中絶方法も、日本では掻爬方式しかなく、10万~20万と高負担ですが、海外では薬で中絶する方法もあるそうです。
こんな現状なのに、性教育は不充分で、2015年から2016年までに2098人の高校生が妊娠し、自主退学が642人、3分の1が退学をしているとのこと。

この現状を変えるには、正しい情報が知らされること、一人ひとりが声をあげることが大事とのこと。
会場の男性からは「(ピルで何度も承認が見送られてきた際にも会議に女性が1人しかいなかったことを踏まえ)意思決定の場にもっと女性が必要」と発言がありました。

薬の認可は厚生労働省で国の管轄ですが、性教育だったり、相談の場だったり、市でできることをもっと考えていきたいと思いました。

#性教育 #西東京市 #避妊方法 #日本共産党

広告

市民会館跡地の市民意見交換会に出席しました

8月18日は西東京市の市民会館の跡地活用の市民意見交換会でした。
市民意見を聞くと言っても、今回の市民意見交換会は市民会館の跡地にどういった施設が建ったら良いかを聞くのではなく、市民が使える800㎡の部分をどういう風な配分でスペースの割り振りをするかというだけのもの。

市民からは、「今日は面積を割り振るために来たのではない。どういう施設を入れてほしいのか意見を聞く場はないのか」「業者選定についてはどう決めるのか」について質問がありました。
市は「先に提案をすると民間の幅が狭くなるので、ジャンルを選定するのは想定していない。応募してくる事業者から一番、コンセプトにあった施設を選びたい」とだけの回答。
それに対し、市民からは「どういった施設を選ぶのかはある程度、考えて行く必要があるし、事業者の決定の際には市民や議会が関われるのか」と質問がありました。
市は「事業者の選定は市が決めるし、議会に議決を求める必要はない。選定委員会のようなものを設けるつもりはない。9月議会での議員からの質疑はあるし、あと2回市民から意見を聞くのでそれで決定する」とのこと。

ようするに市民会館跡地をどうするかは事業者任せで市民には800㎡の割り振りだけしか意見を聞くつもりはないということ。

参加した市民は納得いかないまま、仕方なく800㎡の部分の割り振りについて、「可動式の間仕切りにした方が良い」「共有スペースを広くしたい」「学習室がほしい」などの意見を出してくれました。

市には民間が建てるとは言え、市が今、足りない施設(特養老人ホームや認可保育園、障害者施設など)がたくさんあるのに、市としてどういった施設が必要かを決めることもしていないのは、これまで私も議会でも意見してきましたが、結局変わらずです。
コンセプトとしてあるのは「健康」「多世代交流」「地域の活性化」といった抽象的なことだけ。
この市の体質は一体何なのでしょうかねぇ。

#西東京市 #市民会館跡地活用

「すいとんを食べながら映画と戦争体験のお話を聴くつどい」を開催します。

8月17日(土)の午後2時から4時まで大竹あつ子事務所(西東京市住吉町6-12-28パレス保谷1F)で「すいとんを食べながら映画と戦争体験のお話を聴くつどい」を行います。
映画は「ふたつの胡桃~東京大空襲へタイムスリップした少女~」です。野坂昭如原作の小学生にも空襲や当時の様子がよくわかる、とても感動の映画です。
戦争体験は6歳の時に東京大空襲を経験された井口さんからお話を伺います。
すいとんを試しに作ってみたらとてもおいしくできました。
先着30人ですので、お近くの方、ぜひご参加くださいませ。

#西東京市 #映画と戦争体験 #日本共産党

ピアサポ祭りに行ってきました

7月28日は友人のNさんにお誘いいただき、千歳烏山で行われた「ピアサポ祭り」に行ってきました。ピアサポ祭りはDV、うつ、性暴力、セクシュアリティ、虐待、依存症、貧困、発達障害障害、障害などで生きづらさを抱える当事者や支援者などの100を越える団体が参加しています。

午前中は、DVや虐待、いじめなどの様々な困難を抱えた方の体験談、午後の基調講演は上野千鶴子さんの「おひとりさまで何が悪い」で、会場は満員でした。
その後、上野さん、ダルク助成ハウス代表の上岡陽江さん、原宿カウンセリングセンター長の信田さよ子さんの3人のシンポジウムと盛りだくさんの内容でした。

内容が内容だけに会場での当事者のお話の詳細はお知らせすることはできませんが、差し障りのないところで少しご紹介します。

上野さんは少し前はお茶くみは女性がやってきたけど、今の若い人に聞くと「職場がセルフサービスで自分で入れるんですよ」という。しかし、今の若い人は自分(上野さん)が少しずつ声を上げて闘って変えてきたことを知らない。半世紀経ってみて、自分の後ろには誰もいないと嘆きました。

「それは女性が声を上げると男にからかわれ、嫌がらせをされ、ブスのヒステリーと言われてきたことを見てきているから、男を敵に回すとろくなことはないと学習してしまっている。でも、今の若い人はフェミニズムに対して、ポジティブもネガティブもない。堂々とフェミニズムを名乗ってほしい。カッコいいと思ってほしい」と語りました。
会場の若い女性は「上野さんの東大の祝辞に心が震えた。このままでは終わらせない」と発言してくれました。

DVや虐待、性暴力、貧困、障害にしても、自分が悪くてそうなったのでは決してありません。生きづらさを声に出して、つながり、分かち合い、社会の現状を変えて行くことが大事ですね。多くの当事者の訴えに勇気が出ました。

#西東京市 #日本共産党 #生きづらさ

事務所を引っ越しました。

6月30日に、私の事務所が東町から住吉町6丁目に引越をしたので、新しい事務所の事務所開きを行いました。

新しい事務所は、元リサイクルショップで、近くには保谷高校もあり、商店もある通り沿いにあるので、地域に開かれた事務所にしたいと選びました。
生活相談の他にも、歌声サロンやおしゃべりカフェ、写真展や映画会など様々なイベントに活用し、いろいろな方が関われる地域の拠点にしていきたいです。

事務所開きと言っても、選挙の事務所開きではないので、大掛かりなものではなく、地域の方や日頃、応援していただいている方々にお披露目という目的で行いました。
なので呼びかけもしていませんでしたが、お忙しい中たくさんの方に駆け付けていただきました。

参議院議員候補の吉良よし子さんからもメッセージをいただきました。小平市議のきせ恵美子市議からは素敵なお花もいただきました。ありがとうございました。

壁に飾った虹色のすみれの絵は、私のサポーターの会である「虹色すみれ会」の代表のAさんの教え子の方が描いてくださいました。とても素敵な絵で気に入っています。

これからイベントを行う際にはFBでもお知らせしますので、ぜひ遊びにいらしてください。

#西東京市 #日本共産党

商工会まつりと東小運動会に行ってきました

6月1日の午前中は市議団4人で西東京商工会まつりでいこいの森へ。市内の商店さんが多数出店し、ウーノの会さんのパンを買ったり、野菜を買ったりしました。
後継者不足などで市内の商店街のお店も減ってきていますが、こうしたイベントは活性化につながりますね。

午後からは東小学校の運動会を見学しました。
1年生のダンシング玉入れは曲があの「ダンシングヒーロー」。みんなノリノリで踊っていました。観覧者の保護者も大盛り上がり。

4年生の「東旋風4つの”め”」では棒が来るまで待っている間に懐かしのラッツ&スターの「め組の人」がかかり、上手にステップを踏んで踊っていてかわいかったです。
校長先生と「今年は選曲が懐かしいですね。」と話しました。今の若い保護者は知らない曲かもしれないですね。

5、6年生は「鼓舞『響』2019」で6年生のソーラン節と5年生のエイサーを組み合わせた演技で、迫力があり、最後の大漁旗を振るところはとても感動でした。
校長先生が最後のあいさつで「今年の運動会は一人も転ぶ子がいなかったのが歴史的快挙」と仰っていました。
ケガもなく、とても楽しい運動会でした。

#西東京市

世田谷区立桜丘中学校を視察しました

5月31日は世田谷区立桜丘中学校を日本共産党西東京市議団の4人で視察をして来ました。
校内に入るとすぐの職員室前の廊下には生徒が10人くらいいて、パソコンや3Dプリンターなどで自由におしゃべりしながら好きな勉強をしていました。教室に入りたくない子は職員室の前で自分の好きな勉強が出来るようになっています。ハンモックで寝ることもできます。
校長先生に「先生元気?」と話しかける子も。

桜丘中学校は公立の中学校ながら校則がほとんどありません。
あるのは桜丘中学校の心得として「礼儀を大切にする」「出会いを大切にする」「自分を大切にする」の3つだけ。

今、公立なのに校則がないと週刊誌などが取材に来て、そのことばかり注目されてしまっているとのことですが、なぜ校則をなくしたかと言えば、インクルーシブ教育の観点からだったそうです。

たとえば、トランスジェンダーの生徒には、女子にもスラックスなどを認める学校も増えてきていますが、それではトランスジェンダーだとわかってしまう。発達障害の感覚過敏の子で制服がチクチクして嫌がる子などもいて、どうせなら制服をなくしてしまう方が早いと考えたそうです。
校則も生徒たちと考えて、ADHDの子で教室に座っていられない子がいるなら教室でじっと座っていなくても良いというように校則を徐々になくしていったとのこと。

校則がないので、中には髪にメッシュを入れる子も私服の子もいますが、教室の中ではそれが全然不自然ではなく、誰もそのことに気にも留めず、普通に授業をしていました。

すべての子にストレスをなくすことを考えて変えていったら、かえって授業に集中出来る子が増え、桜丘中学校の学力レベルも区内でトップクラスだそうです。制服がなく、校則もないとと荒れるとかそういうことはまずないそうです。反抗するのは規則で縛っているだけで生徒の心に向き合っていないからで、生徒指導で怒るよりも、その分生徒の話を充分に聞いてあげているから反抗する必要がないのでしょう。

みんなが違って当たり前というのが根付いているからいじめもほとんどないそう。

私が「よく公立中学でこんなことができましたね。圧力とかはなかったのですか?」と校長先生に伺うと「校長の権限は意外とあるんですよ。保坂展人区長も桜丘中学校が校則がないというのを週刊誌で知ってあわてて見学に来たくらいなんですよ」とのこと。西東京市でもやろうと思えばできるそうです。

感動したのは生徒手帳に子どもの権利条約を載せていること。私もこんな中学校に通いたかったとうらやましくなるような素晴らしい学校と素晴らしい校長先生でした。

#西東京市 #世田谷区立桜丘中学校

アースデイ西東京に参加しました

5月26日は、いこいの森でアースデイ西東京と西東京市環境フェスティバルに参加しました。アースデイとは地球のことを考える一日。
市内の環境問題に取り組み団体が27団体参加しました。
子ども広場では市職員組合が昨年10月に制定された西東京市子どもの権利条例のPRを行っていました。

環境フェスティバルでは西東京地域猫の会のブースで黒猫、キジトラ、シャムの猫が3匹が譲渡会に出ました。
5月なのに真夏の陽気のため早々に猫を引き上げましたが、3匹中2匹は飼い主希望の方が現れ、トライアルを予定しています。写真の猫は1歳の黒猫の女の子。

暑さに負けず、様々な地球の問題、環境問題に取り組む市民の方々のパワーには頭が下がります。西東京市民ってすごい!

#西東京市 #アースデイ西東京

田無第一中学校の放課後カフェに行ってきました

今日は田無第一中学校の放課後カフェに初めて参加しました。
なんと、放課後カフェの告知を学校が放送で呼びかけてくれていました。

スタッフが16人いたので、始まる前はきっとあまりやることないんじゃないかと思っていましたが、始まると同時に大勢の生徒が駆け付け、カルピスがすぐに無くなって、あわてて作ったり、用意していたコップも足りなくなって紙コップを配ったりと、てんやわんやでした。

田無第一中学校のカフェの場所は調理室なのでボードゲームなどでも遊ぶこともできて、たくさんの生徒で大賑わいでした。
青嵐中の図書室では本を読んだり、宿題をしたり、数人とおしゃべりをしたり、おだやかに過ごせるし、田無第一中学校のように調理室ではボードゲームなどでわいわい盛り上がることもできるし、どちらもやる場所や学校によって個性の違いがわかって楽しかったです。

今日は合計209人の生徒が訪れました。
スタッフはPTAの方が多かったです。
無所属の田村ひろゆき議員も参加されていました。
生徒の写真は撮れませんでしたが、自分を撮る分には大丈夫とのことで田村議員と参加の記念にツーショットしました。
また機会があったら他の中学校も見てみたいです。

#西東京市 #放課後カフェ

青嵐中ブックカフェに行ってきました

5月20日は仙台で西東京市の放課後カフェの取組を知り、ぜひ見学したいということで私に連絡を下さった仙台市議の高見のり子さんと一緒に青嵐中学校のブックカフェを見学させていただきました。


ブックカフェとは青嵐中学校の図書室で地域の民生委員さんなどが放課後に中学生にカルピスやポカリスウェット、コーヒー、ココアなどを飲んでもらって一休みしてもらう居場所活動です。
市内では9校中7校がこのような放課後カフェをやっており、育成会やPTAがやっているところもあります。

放課後に部活に行く中学生がやって来て、入れ替わり立ち替わりでカルピスやアイスココア、レモンティーなどをもらって飲んでいました。


部活のない子はゆっくり図書室の本を読んだり、勉強をしたりとのんびり過ごしていました。


基本は月1回開催だそうですが「毎週やってください」と言う子もいました。
途中で中学生が部活動をしているグラウンドに出張で紙コップを持って配りに行きました。はじめは遠慮がちに飲んでいましたが、「どんどん飲んで」と勧めるとお代わりをする子も。

3時半から5時半までの2時間で100人以上の子どもたちが立ち寄ってカルピスなどを飲んで行きました。
初々しい1年生から体の大きな3年生くらいの子もいましたが、どの子も礼儀正しく、きちんと「ありがとうございました」と言って帰っていきました。
民生委員さんも10名以上参加され、中学生とのふれあいを楽しそうにしていました。
中学校にこんなホッとする場があって、地域の方の見守りがあるのはありがたいですね。

#西東京市 #放課後カフェ